睡眠の質を高める

肌のターンオーバーを促す睡眠の質を高める5つの方法

肌のターンオーバーを促す睡眠の質を高める5つの方法

 

肌荒れを早く治すには
肌のターンオーバーを促すことが必要不可欠です。
それには質の良い睡眠をとることが大切です。
肌のターンオーバーは睡眠中に一番活発になるからです。

 

 

そこで今回は睡眠の質を高める方法をお伝えします。
なかなかなつけない人は是非参考にしみてくださいね。

 

 

 

寝る3時間前には食事を終わらせておく

夕食

 

食べ物を食べると消化するために
胃や腸が活性化します。
胃や腸が活発に動いていると
体が睡眠モードにならず寝付けなくなってしまいます。

 

 

食べ物の消化には3時間程度かかります。
そのため、寝る3時間前には夕食を終えるようにし、
寝るときには胃や腸が休まっている状態にしましょう。

 

 

 

お風呂は寝る1時間前には済ませておく

お風呂

 

人の体は寝るときに体温を下げています。
そのため、お風呂の後すぐに寝ようとすると
体温が上がったままなので寝つきが悪くなります。

 

 

お風呂の後は寝る時間まで1時間以上確保し、
体温が下がる時間を確保するようにしましょう。
また、寝る前に部屋の温度を下げるようにすると
体に「今から寝ますよ」というサインを送れるので
より眠りにつきやすくなります。

 

 

 

コーヒー、紅茶は寝る7時間前から摂らないようにする

コーヒーとカフェイン

 

カフェインは集中力をアップさせるのに効果的ですが
眠気を覚ます効果もあるので寝つきが悪くなります。
カフェインの効果は7時間程度持続するため、
寝る時間を計算して摂り入れるようにしましょう。

 

 

 

ベッドに入ったら心地よくなるようにする

ベッド

 

枕やシーツの素材、布団の質、マットレスの質などを見直し、
ベッドに入ったら心地よい・気持ち良い気分になるようにすると
睡眠の質が高まります。
抱き枕などの準備するのも良いでしょう。

 

 

また、マットレス選びは意外と難しく
お店で一度寝ころんだだけではわからないこともあるので
30日お試し可能などのマットレスで試してから買うと
失敗する可能性を低くできるのでオススメです。

 

 

 

寝る1時間前からスマホ・パソコン・テレビの光を浴びない

スマートフォン

 

スマホやパソコン・テレビから出る光には
交感神経を刺激し脳を興奮状態にする効果があります。
この状態では寝ようと思ってもなかなか寝れなくなるので
寝る1時間前にはそれらを見ないようにするようにしましょう。

 

 

現代の生活ではなかなか難しいかもしれませんが、
寝る前の1時間は読書する時間にすると
心も落ち着き寝つきが良くなるのでオススメです。

 

 

 

 

以上が肌のターンオーバーを促す睡眠の質を高める5つの方法です。
睡眠の質を高めると肌のターンオーバーが促されるだけでなく
ストレス解消や疲れが取れやすくなり
肌荒れが治るだけでなく、美容・健康効果も高いですよ。

 

 

 

>>>肌荒れを治す洗顔料|市販洗顔フォームだと肌がボロボロに…TOPへ戻る

 

 

 

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます


洗顔料の選び方 化粧水の選び方 美容液の選び方 プロフィール お問い合わせ